hk
-1
archive,author,author-hk,author-2,qode-social-login-1.1.2,qode-restaurant-1.1.1,stockholm-core-1.0.6,select-theme-ver-5.1,ajax_fade,page_not_loaded,wpb-js-composer js-comp-ver-5.7,vc_responsive
Title Image

Author: hk

棟飾りの修繕

岸建築の 岸です 今回は茅ヶ崎市本村に鎮座されている八王子神社の本殿及び鐘楼の屋根修理をしています。 経年劣化による屋根の銅葺きに破損が多々見られました。 最近の台風などで被害が拡大しないうちに修繕を施すことになりました。 私は傷んでいる下地の修繕が主です。銅板の修繕は二木板金の親方と若い衆の二人で英知を絞り出しながら対応してくれています。   私の後ろで作業をしているのが、二木板金の親方である「二木さん」です。   下からでは詳細を見ることは難しいですが、参拝の折に是非ともご覧ください。 では、またー

ピッタリな本棚が欲しい!!

岸建築の 岸です 今回は本棚を作製しました。 リビングのちょっと空いた場所に本棚が欲しいのだか、どこに行っても無いのです。と相談が・・・。 では、作りましょうか?と提案しました。   今回の本棚は全て無垢材(桧材)で製作しました。 フレームになる部分には桧材でも香りの強い物を使ったので、ほんのり香りが漂っています。 製作費は大量生産品よりは割高ですが、お部屋の有効活用をしてみてはいかがでしょうか? お気軽にお問い合わせください。 では、またー

令和元年度ZEH実績報告と令和2年度ZEH目標!!

どうもぉー 岸建築の岸です。 ゼロエネルギー住宅(以下ZEH)に関しての弊社の実績と次年度目標です。 令和元年度のZEHの完工実績は 残念ながら0件でした。 令和2年度のZEH普及目標は、50%以上とします。 建築の計画を考えている方は、可能な限りゼロエネルギーになるように考える事をオススメします。 詳しくはお気軽にお問い合わせください。 では、またぁー

「直射日光が暑い!!」の軽減工事

岸建築の 岸です 今回は窓ガラスに遮熱フィルムを施工しました。 フリースペースを管理運営方より 「窓際からの直射日光が暑いので何とかしたい」と相談がきました。 外にルーバーやスダレが有効とは思いましたが、現実的に不可能でした。 そこで遮熱の効果の有るガラスフィルムの施工を提案しました。 ガラスフィルムは「UVカットと飛散防止」が基本性能なんですよ。 そこに様々な機能を付加してあるんです。 遮熱性・目隠し性能・虫よけ等が有ります。 今回施工の遮熱フィルムも遮熱性能を上げていくと透明度が悪くなります。 サンプルを遮熱性と透明性を確認しながら決定しました。 施工中に施工したガラスと施工前のガラスを比べると、その差は歴然でした。 と言うことは、そうです!! 「光熱費も削減出来る」 と言うことです。 減額幅は一律ではありませんが、一定以上の減額は出来ます。 窓に疑問がありましたらお気軽にお問い合わせください。 では、またー

「寒い!!」から始まった浴室改修工事

岸建築の 岸です 今回は浴室の改修工事をしました。 「我が家のお風呂が寒いんだけど」と相談がきました。   お話を聞いていましたら、浴室だけでなく洗面脱衣室も非常に寒いとの事でした。 そこで今回は洗面脱衣室と浴室を全面改修することになりました。 巷で話題のヒートショックが起きやすい典型的な状況でしたので、次の事を実施しました。 1・断熱工事を綿密に行う 2・洗面脱衣室の内装は湿気対策と保温性を考慮して無垢材とする 3・もちろんバリアフリー化は当然の事とする。 内装の壁材はスプルース材で厚さ30mmの板材を使用しました。 また、天井は杉材・床は檜材と無垢材で仕上げました。 開口部はガラスが一枚ですので、当然の様に熱交換が行われる要因です。 写真ではわかりませんが、既存の枠を利用しガラスを2重(アルゴンガス封入)に交換し、内窓も設置しました。 内窓も部屋の性質上、万が一ガラスが飛散しないように、ポリカーボネート製の板にして安全性を向上しました。 浴室はTOTOのシステムバスを採用。もちろん断熱仕様です。 バリアフリーと浴室内で起きては困りますが救出を考えて、出入口は引き戸を採用しました。 最後に工事後の冬にお話を伺ったところ、「寒くなく快適です」と笑顔で話されていました。多くは語られませんでしたが、笑顔が全てを語られていました。 大工冥利に尽きる一時でした。 生活の中の些細な事でも、お気軽にご相談下さい。意外と簡単に解決できるかもです。 では、またー  

自転車置場の屋根張替え工事

岸建築 の 岸 です 今回は自転車置場の屋根張替え工事をしました。 塩ビ製の波板が経年劣化で脆くなり、飛来物が当たり、穴が開いたそうです。 そこで、改修方法は屋根材を全面撤去して、新たに葺く事になりました。 ここで葺き材について今回は「ポリカーボネート製の波板」が採用されました。 それは、やはり耐久性です。 塩ビ製に比べて増額になりますが、割増分を上回る耐久性があるからです。 車庫やテラス等の屋根に多く使われている「塩ビ製の波板」ですが、台風などで飛ばされる恐れが有れば一度ご相談下さい。 飛んでからでは大惨事になるかもしれませんから。 では、またー

一枚板の看板にリニューアル!!

こんにちは!! 岸建築の 岸です!!   この度、弊社「岸建築」の看板を 楠(くすのき)の一枚板をベースにリニューアルしました。 今までの看板は40年前に作られた物です。 我が家の火事も経験し、この度引退を迎えるのは感慨深いです。 先日電気系のトラブルが発生したのを機に交換する事にしました。 今回使用した「楠の一枚板」は、東京は木場の山康商店の豊富な品揃えから,私と社長と社員で探し出した逸品です。 幅は広いところで<80CM>、長さは<270CM>、厚さは<7.5CM>です。 なかなか木目も面白い表情をしています。   また、看板の文字ですが、好意にしている看板製作会社「アイドマ広告」の関野様の手書きの文字をベースに製作しました。 先代の看板も関野様の字なんです。 印刷が主流の時代ですが、敢えて手書きを依頼しています。 手書きの字の方が印刷より見る人の心に残りやすいと、私が考えているからです。 この文字はメタリックですので、光を反射します。 太陽の位置や車のヘッドライト等で見え方や色も時々刻々と変化しますので、その辺も気にしながらご覧ください。 自分でも面白い一枚板看板が出来たと、満足しています。 また、製作費も当初の予算より抑えられたので、なかなか良かったと思います。 ご興味がございましたら連絡を下さい。 ではまたー。  

顔だけの小顔矯正では効果なし!?

どーもー 茅ヶ崎マスターの 岸 です   小顔矯正のマッサージを受けてきました。 お世話になったのは、入江自然整体院です。   前回もお話したように、頭部も骨や筋肉で形成されているんです。 骨盤等の歪みが顔にも連動して顔も歪むんですって。 また年齢と共に顔を含め全身の筋肉が弛んできます。 そこを引き締め、歪みを矯正することで小顔効果も得られるんですよ。   ですので顔だけマッサージしても、その時だけで直ぐに戻ってしまう事が多いのです。 全身を整えて血流を良くしてからの「小顔矯正」なんですって。 私は初めて知りましたよ。   今回は夜に施術を受けたので、朝まで頭の先から足の先まで温かく寝られました。   皆さんも 一度相談の価値はありますよ。   では またぁー   入江自然整体院 神奈川県茅ヶ崎市元町12-8 電話 0467-57-3210 HP https://ilie.jp/ 営業時間:09;00~21;00で予約制です (日曜・祝日:12;00まで) 月曜定休

小顔矯正にチャレンジ!!

どーもー 茅ヶ崎マスターの 岸です   今回は 小顔矯正のマッサージを受けることにしました。 お世話になるのは、入江自然整体院です。 ここは私のかかりつけの整体院でして、顔の筋肉を引き締めることで小顔効果が有ると聞いたので受けることにしました。   効果は次回に。   では またぁー   入江自然整体院 神奈川県茅ヶ崎市元町12-8 電話 0467-57-3210 営業時間:09;00~21;00で予約制です (日曜・祝日:12;00まで) 月曜定休

健康、省エネを両立させる、冬の寒さ対策

どーもー 茅ヶ崎マスターの 岸 です!!       今回は本業の大工として、健康とエネルギー問題に提案です。 ちょっと硬苦しい話ですけどお付き合いください。   健康とエネルギーの問題は、光熱費や気候変動だけでなく、健康とも深く関係しています。冬に寒い家では、家庭内で倒れたり亡くなるリスクが高くなります。中でも、「ヒートショック」と呼ばれる高齢者の入浴事故は年々増え続け、現在では事故死のおよそ3倍になっています。ヒートショックとは、部屋間の温度差により急激な血圧変動が起こり、心臓や脳にダメージを与えることです。一般的には、暖房の効いた部屋から寒い浴室に移動して裸になるとか、夜中に寒いトイレでズボンを脱ぐといったことが起因しています。 「冬の脱衣所やトイレが寒いのは当たり前」と思うかもしれませんが、世界の常識はまるで違います。2018年にWHOは、冬の住宅の最低室温は「18度以上」であるべきと強く勧告しました。それ以下の温度は健康に悪影響をもたらすリスクがあることになります。 しかし、国土交通省の住居調査では、2000戸中、居間で6割が、廊下や脱衣室は9割が18度に達していませんでした。 そこで国や産業界、医師などが「ヒートショックに気をつけましょう」と盛んに呼びかけるようになりました。とはいえ対策として提案されているのは、脱衣室や浴への暖房機の設置ばかりです。いくら暖房機を設置しても、外気との断熱をしなければ単にエネルギー消費量を増やすことになるだけで、効果的とは言えません。 まずは脱衣所と浴室、トイレの断熱が優先です。断熱することで、暖房機は出力の小さなものでまかなえるようになるからです。断熱はさまざまな方法がありますが、もっとも簡単につけられる内窓の設置を検討するのがお勧めです。 エネルギーを適切にコントロールしながら、健康的かつ省エネな生活ができるといいですね。 この家では脱衣所とトイレの窓に内窓を設置しました。この冬、未だに例年出していた暖房機を出さなくても平気であると言ってました。   硬苦しい話にお付き合い、ありがとうございました。   では またー