現場からこんにちは
-1
archive,paged,category,category-genba,category-17,paged-3,category-paged-3,qode-social-login-1.1.2,qode-restaurant-1.1.1,stockholm-core-1.0.6,select-theme-ver-5.1,ajax_fade,page_not_loaded,wpb-js-composer js-comp-ver-5.7,vc_responsive
Title Image

現場からこんにちは

便器交換で節水に!!

こんにちは 現場の 岸 です 本日は トイレの 便器の交換工事を行いました 「便器から水漏れがある!」とお客様からの一報で調査にいきました。 一体型の便器なので、メーカのメンテナンスを依頼しましたが 「保守部品がもうありません」との回答でした。 要するに 修理不能 です。 でお客様と協議の結果、節水を兼ねて交換交換をすることになりました。 新しい機種は、Panasonicのアラウーノです。 便器内の水たまりを泡立てて、泡のクッションを作るのが大きな特徴です。 飛び跳ねが軽減されて、便器周りを衛生的に保てるのが嬉しいです。 物によって違いはありますが、1回の流す量が半分以下になる最新の便器はいかがですか? パリ協定を始め世界的に省エネが求められていますので、是非ご検討下さい。 では また

保育園:床改修工事

  こんにちは 現場の 岸 です。 私の子供がお世話になった保育園の改修工事をしました。 子供たちが一番居る部屋の合板フローリングが劣化していて、床が抜けそうでした。 今回相談を受け子供が肌に触れる床ですので、無垢材を提案しました。 転んだ時の衝撃や温もり・木の持つ香りと予算を考慮して 「桧」材を提案しましたら快諾をして頂きました。 フローリングの防汚からすると塗装は必須と思いますが、あえて今回は檜の持つ良さを子供に実感して貰いたいとの思いから無塗装にしました。 下記が施工前です では また  

塀の製作工事:門柱の設置

こんにちは 現場の 岸 です。 今日は 門柱の設置を行いました。 重量を計っていないので判りませんが、一本100㎏以上と思われ、人力で建てるのに非常に苦労しました。 続きは また

塀の製作工事:門柱の製作

こんにちは 現場の 岸 です。 木製で 塀を作ることになりました。 まず初めに 出入口を構成する 門柱の製作に取り掛かりました。 素材は 欅 で、大きさは 27㎝*27㎝ の角材を使用しています。 これは 東京は木場の材木問屋の倉庫に眠っていた掘り出し物を探してきました。 倉庫の中に数十年もの間眠っていたので、自然乾燥された一品です。   地面の中に埋める部分には防虫と腐食防止を兼ねて銅板を巻きました。 銅の持つ特性で防虫効果が有るとは最初に知ったときは驚きました。 この後の工程は作業が進み次第順次アップしていきますので、おたのしみ!! では  

車庫柱:根本修理しました

こんにちは 現場の 岸 です。 本日は 車庫の柱の修理をしてきました。 地面に接している箇所から腐食がすすみ、屋根が少し下がっていました。 そこで根本の腐食部を切断して、コンクリート製の支持材と入れ替えました。 木は水に常態的に接していると腐食します。 水が切れ乾くようにしておけば、長持ちすると考えています。 では

祝1周年! Café Kuchen

こんにちは!! 現場の 岸 です!! 小田原市扇町に在る 「Cafe Kuchen」 の1周年イベントに行ってきました. Café Kuchenは昨年開店に際し内外装工事をさせて頂きました。 詳細は、施工実績の「杉の一枚板カウンターのあるカフェ」として掲載してあるのでご覧ください。 7月8日まで「ありがとう1周年」と題してイベントをやっています。 期間は 開店した記念日の7月1日から7月8日迄です。 店主が材料からこだわった焼菓子が数種類食べ比べが出来ます。 どれも絶品ですので、この機会は絶好のチャンスですよ。 全ての焼菓子が非常においしかったので、全部おすすめです!!     店主の栗原さんは非常に気さくな方です。店主との会話を楽しむのも良いですよ。 ドリンクはハーブティーを頂きました。香りが良く焼菓子に合いましたよ。 このイベントお見逃しなく!! 所在地は  神奈川県小田原市扇町1-7-6 では また

土の流出を防ぐためのブロック積

こんにちは 現場の 岸 です。 隣地のが低いため雨が降ると土が流出してしまうと、相談がきました。 そこでブロックを1段積みました。 道路側は出入りが有るので必要最小限の開口部を設けました。 些細な事でもお気軽に相談下さい。 では また

雨漏り修理してきました

こんにちは 現場の 岸 です。 今日は「雨漏りがしてるから」との一報があり調査に行ってきました。 当該場所直上の屋根仕上げが コロニアル でした。 そのコロニアルを以前塗装されていて、その際の施工に原因が有りました。 継ぎ目が綺麗に塗料で埋め尽くされいたのです。 継ぎ目に正規に隙間を開けるべくスペーサーを挿入してきました。 ですので、これからコロニアル屋根の塗装を検討されている方は、その辺の事を十分に注意しないと大変な事になりますよ。 では